狂気さえ感じる真っ直ぐすぎる愛を、エレクトロなリズムにのせて。『smartphone/ハリィさんとスイカくらぶ』

ハリィさんとスイカくらぶ

ボーカルをはじめ、ギター、トータルプロデュースを務める「さいとうりな」、ドラムの「くま」で構成される二人組のアーティスト。2017年5月から本格始動を始めたアーティスト。脳内に残るエレクトロなサウンドが印象的で、さいとうりなの優しく細い歌声と絶妙にマッチ。先月にはフルアルバムをリリースしたばかりで、こちらも見逃せません!

ちょっぴり重すぎる、真っ直ぐな愛の歌。

ハリィさんとスイカくらぶ「smartphone」(Music Video)

「smartphone」は、1stフルアルバム「NIKUKYUU」の7曲目に収録されています。
こちらの1曲は、初めて聴くと思わず「んんん!?」と声が出てしまうかも…!?そして必ず、思わず何度も繰り返して聴き入ってしまうでしょう。

この曲は「あなた」に対する愛の歌。愛の歌は世の中にたくさん溢れていますが、その中でも真っ直ぐ”すぎる”曲に仕上がっています。

仕事帰りの時間、使う駅の出口、自宅の部屋、おおよその眠る時間を把握していることがAメロ最初の部分の歌詞から解ります。親しい恋人であれば、その程度の情報は知っていることでしょう。が、どうやら目線がそれとは異なっているのです。普段行動を共にしているからではなく、「外からじっと見つめているから」把握しているー。さらにはSNSでの配信の様子もくまなくチェック。

2番のAメロは”朝昼晩のSNSチェック、いいねとリツイート”という歌詞から始まります。

…どうでしょう、ちょっと「ゾワっと」してきませんか?

サビの部分では、さらに過激な歌詞が待っています。それは「あなた」を想い過ぎているが故の、非常にヘビーな愛。
この曲の主人公が愛を捧げているのは、恋人ではないのです…。「あなた」に対して、ストーカーをしている。ちょっぴり背中がゾクゾクするような歌詞に注目です。

脳内に残るサウンドが病みつきに

ハリィさんとスイカくらぶの魅力の一つに挙げられるのが、エレクトロなサウンド。脳波を刺激するようなリズムはカッコよく、夜に一人で聴きたくなるようなダークな雰囲気が伝わってきます。
一方つぶやくように歌うさいとうりなの細い歌声は、聴き手をどんどん惹きつける不思議な魅力を持っています。過激な歌詞が怖くなりすぎず、純粋ささえ感じられるのは、この歌声のおかげなのでしょう。

初めて聴くと思わず唸ってしまうかも、と最初にお伝えしましたが、これは筆者の実体験です。1回目を聴き終えた後には、「重い…!めちゃくちゃ愛が重い!」と思いながら、気がつけば2回目3回目と、何度もリピートして聴き入ってしまいました。エレクトロなリズムとサウンド、細い歌声、そして真っ直ぐすぎる愛をのせた歌詞。この曲を構成する全ての要素が、聴き手を虜にしているのでしょう。

【TEXT:みずの ともこ】


【作品情報】

『NIKUKYUU』
01. intro
02. coagulation
03. wait-less
04. every damn xx
05. 孤独な細胞
06. 星屑タレンティーノ
07. smartphone
08. EMG
09. 曖昧 Me Mine
10. 宇宙人
11. 夜行虫
12. Hide and Seek
13. フラグとタイマー
14. 36度のさよなら

Amazon Music

Spotify


【ライブ情報】

レコ発イベント「Night Museum」

8/6(木)東京 下北沢Mosaic
w/stellafia、イエロー・シアン・マゼンタ、Apollogic

Onemanlive「Night Festival」

8/23(日)名古屋 今池GROW
9/9(水)東京 下北沢Mosaic

チケットは下記イープラスにて発売中
https://eplus.jp/sf/word/0000114167


【Official Web Site】


【ライブ情報検索タグ】 ハリィさんとスイカくらぶ